2017年10月21日土曜日

パチスロ ガールズ&パンツァー(ガルパン)


アニメ「ガールズ&パンツァー」とタイアップした本機は、1G純増2.5枚のATで出玉を増やすタイプ。 メインリールは筐体上部に設置し、全面液晶を見ながらプレイする目押し不要のゲーム性だ。 AT「戦車道」は規定ゲーム数&枚数が一切決まっていない完全バトルタイプATで、攻守を決めるレバーON時のガチ抽選で展開していく。 ATスタート時はまず対戦校と隊数が決定し、その組み合わせによって連チャン期待度が変化。 試合中は、ベルで攻撃、ブランクなら防戦となり、最終的に敵の隊長を撃破すれば連チャン発生だ。 作戦発動で展開を有利に進めることもあれば、革命を起こして一気に殲滅したりと、単なる攻防に留まらず様々な展開が期待できる。 試合勝利時は展開に応じてランク評価され、継続以外に次回継続確定や上乗せゾーンへの移行なども期待できる。 トータルすると1セットは平均30G、連チャン率は67~88%。 AT契機は、自力CZ、高確率ゾーン「あんこう祭り」、チャンス小役から直撃など。

2017年10月12日木曜日

タイヨーエレック パチスロ仮面ライダー


タイヨーエレックから登場した『パチスロ仮面ライダーUNLIMITED』は、純増約2.5枚のハイスペックAT「ライダーラッシュ」を搭載。特筆すべきはAT突入時の初期ゲーム数で、前兆ゾーンの「救出モード」を経由した場合は100ゲームを獲得、「変身モード」(10or20or30ゲーム)中に自力解除に成功した場合は30ゲームが保証された状態で上乗せゾーン「サイクロンクラッシュ」からATがスタート(合計平均約100ゲーム)と、どちらのルートを辿った場合にも初当たりの時点で大量の初期ゲーム数を手にすることができる。サイクロンクラッシュは変身モードの残りゲーム数+5ゲームの間継続するため、解除のタイミングが早いほど大量上乗せの期待度が高まっていく仕組みだ。上乗せゾーンは毎ゲームが上乗せのチャンス&ゲージMAXで「自力必殺フリーズ」による大量上乗せが期待できる「(真)ライダー無双」、ベルト絵柄揃いから発動しリール上にベルト絵柄が1つでも停止すれば継続となる0G連アクション「ダイナモアタック」、突入時点で30ゲーム+αの上乗せが約束された「アマゾーン」の4種が搭載されている。特にアマゾーンは業界初の「ケタ乗せ」を実現しており、リプレイ以外の小役が連続することで3桁ゲーム数上乗せのチャンスが近づくぞ。タイヨーエレック/2014年1月導入開始/設置期限2016年10月/5号機

2017年10月2日月曜日

エンターライズ パチスロ逆転裁判


本機はパチンコ屋さんで実際に稼働していた中古台になりますのでご了承下さい。また、加工段階で細部に渡り整備及びクリーニングを行っております。家庭用電源対応コンセントになっておりますので、届いてすぐにご遊戯いただけます。

2017年9月22日金曜日

SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~IIIBE (バジ3) 安心7点セット


バジリスクシリーズの4作目。
ボーナスもあるが、1Gあたり約1.7枚のARTでコインを増やしていくのがメイン。
通常時は、周期抽選の概念を持っており、最大256Gで、ART突入のチャンスゾーンを抽選する。
レア小役成立時などで周期の短縮を抽選するので、平均約80G(前兆込みで約100G)で周期到達となる。
3種類あるチャンスゾーンは、最低でも期待度約42%と高いのが特徴。
また、ボーナスはBIGのみで、そこでもART突入を抽選してくれる。こちらの期待度は約38%。
ART「バジリスクタイム」は、1セットが約35G。
前半部分の「追想の刻」は、最低10G継続するストーリー区間。
その後は、バトル区間の「争忍の刻」に移行するお馴染みの展開。
争忍の刻では、ベルやレア役で攻撃し、リプレイ成立はピンチ。
バトルで勝利できれば、次セットへ継続となる。
消化中は、液晶画面中央上部に光が集まれば“無双ポイント”を獲得。
この無双ポイントで、ART継続時の報酬が変化。

2017年9月13日水曜日

パチスロ ゴッドイーター


人気ゲーム「ゴッドイーター」のパチスロが山佐より登場。純増約2.4枚のAT「アラガミバースト」は、12ゲームの「ストーリーパート」と討伐対象を決定する「バトルミッション抽選」、そして40or100ゲーム+αの「バトルパート」が一体となって構成される。

2017年9月2日土曜日

機動戦士ガンダム2 哀・戦士編 本体のみセット


SFアニメの金字塔がパチスロになって登場。本機は「原作そのままパチスロ化」をモットーに作られており、そのこだわりは様々な部分に現れている。まずは異彩を放つ斬新なコックピット型筐体。リール左右に可動式スロットルレバーが搭載されており、液晶演出と連動して操作することでガンダムを操縦しているかのような感覚になれる。続いてプレイヤーの心をアツくするドラマティックな演出の数々。ランバ・ラル操るグフ、黒い三連星ドムとの壮絶なバトルを再現、さらには攻撃パターンやカットイン、逆転パターンなどが用意されており、原作、いやそれ以上の興奮を味わうことができるのだ。ボーナスは純増300枚の青7BIG、純増180枚の赤7BIG、純増82枚のREGの3種類(※獲得枚数は技術介入込み)で構成。合成確率は約130分の1となっており、ボーナス時には原作の名場面が流れる鑑賞型「メモリアルモード」と、ミニゲームで敵MSを撃破する参加型の「MSバトルモード」の2パターン(青7BIG時は選択可能)を楽しめる。そしてBIG終了後は78ゲーム継続する完走型RT「Gエピソード」に突入。このRTには6つのエピソードがあり、ステップ1から9段階までステップアップ。ステップが進むほどボーナスの期待度が高まるという内容だ。見て、触って、打って、ガンダムの世界観を見事に再現した1台と言えるだろう。

2017年8月22日火曜日

アントニオ猪木自身がパチスロ機


「アントニオ猪木?という名のパチスロ機」の正統後継機となる「アントニオ猪木?自身がパチスロ機」が満を持して名乗りを上げた!前作同様、本機もシングルボーナスによるAT機能「闘魂チャンス」を搭載したA-AT機。超プレミアム演出「チャンピオンロード」や多数の変更点が追加されている。格段の進化を遂げた熱い闘魂の真髄を体感!